さまざまな方法で選べる便利なseo対策会社の比較サイト

パソコン

SNSシェアのseo対策は意味がないのか

メモ

SNSツールを利用して記事を拡散する手法は、誰もが気軽に行えるものではありますが、seo対策としては有効なのでしょうか。答えとしては、SNS拡散による検索順位の評価には直接的な関係は存在しないと言われていますが、少なからず意味があるものとして認識されているのが現状です。
SNSツール上から有益なコンテンツを知ったユーザーは、その情報を元に新たな記事やコンテンツをブログとして公開する可能性があり、参照元として被リンクが貼られる可能性があります。被リンクを獲得することによって自社サイトや個人ブログの新たな流入先を獲得できるだけでなく、検索エンジンも被リンク獲得率に応じて高評価を与える傾向にあります。しかし一方でスパムなど悪質な手法であると判断される可能性もはらんでいるため注意しなければなりません。
大切なことはユーザーが自然な流れでシェアやいいねをしてくれるような良質なコンテンツ作りであるため、結果的にユーザーがシェアしてくれることを念頭に置いて運営するといいでしょう。そのためSNSシェアがseo対策において有効なのかと言われれば、どちらかというと結果とは結びつかないものです。さらに過度のシェア促進などを実施すると、スパムとして認定される可能性もあることから、拡散よりもコンテンツ作りに全力を注ぐべきです。